動物との距離が近い!京都市動物園のスゝメ

台風一過の三連休最終日。

久々にどっか行こうかなー、でもめんどいなー。

と考えていたら、去年のシルバーウィークに

京都市動物園で年間パスを作ったことを思い出した。

 

あはは、すっかり忘れてたっ!

たしかリニューアルオープン後初めて行ってみて

「お~意外といいじゃん、暇なとき来よ!」

って思ったんだった。

でもね、1回行ったきりで、

それ以降ずっと行ってないわ!

 

いや、でもホントに、なかなか悪くないんだ。

動物園にしては狭くて正直ショボいんだけど、

❝狭いからこそ動物との距離は近く❞ってコンセプト。

たとえばアジアゾウとか、

柵の真ん前に水浴び場があるから

目の前でバッシャバッシャ水遊び始めちゃう。

キリンは目の前で葉っぱ食ってるし、

ヒョウは頭の真上で寝てるし。

うん、いいんじゃない?

 

そんな中でも裸人の一番のお気に入りはトラ!

思わず見とれた。もうね、単純に美しい生き物だなぁと。

f:id:shirokumapunch:20170918102615j:plain

ちなみに、似たようなポーズしてる実家の猫。

f:id:shirokumapunch:20170918103332j:plain

うん、全然違うね。オーラがないよね。

 

でもね、ライオンはただの猫だった。

f:id:shirokumapunch:20170918103555j:plain

ガラスが汚くてわかりにくいけど、

これ、石板の上で寝てるのね。

その石板がね、ヒーターになってるんだって。

まぁ、床暖みたいなもんだよね。

ちなみに、床暖で寝る実家の猫はこちら。

f:id:shirokumapunch:20170918103758j:plain

うん、そんなに変わらないね。

 

はい。そんな感じで、オススメです、京都市動物園

類人猿は京大が監修しているらしいので、

学問的な興味がある人にも魅力的かも?

 

ただ、平日いつ行っても幼稚園児の団体がいるし、

休日は当然親子連れでごった返してるから、

とにかくうるさい。それで裸人も足が遠のいた。

静かに見るなら開園直後の9時から30分間が最高。

 

🐻アクセスと周辺の観光地

地下鉄の蹴上駅が一番近くて、徒歩5分くらい。

市バスは混むし時間がかるので地下鉄がオススメ。

平安神宮南禅寺から歩いて行けるし、

地下鉄の二条城前や京都市役所前から一本なので、

散策ついでにぶらっと寄るのもいい。

小さな動物園で、さらっと見るだけなら小一時間。

レストランや、動物本がそろったブックカフェもある。

観光の隙間時間にどうぞ。

🐻おまけ

一つ幼児園児で胸熱なエピソードがあって。

ゾウの向かいにマレーバクがいるんだけど、

ゾウとバクだったら、普通ゾウのほうがみんな好きだよね。

なんせ「神様が余ったパーツ寄せ集めて作った」

って言われてるようなマイナーな動物だからね。

油断してるとウンコ飛ばしてくるし。

裸人は、バクのそういうところが大好きなんだけど。

 

で、幼稚園児の団体が、案の定ゾウの前で大はしゃぎ。

せーので声あわせて「ゾウさーん!」なんて言って。

その中で、一人集団から離れ、

熱い眼差しでバクを見つめ続ける少年。

加配の先生が「ゾウさんいるよ~」といくら言っても

少年は一切耳を貸そうともせず、

その後もずっとバクを見つめ続けましたとさ。

 

いや~、将来有望な少年だね。

大人になっても、こうありたいよね。