半年間ノーパン健康法を試してみたから効果とか書いてく

突然ですが、パンツの締め付けが鬱陶しいと

感じたことは、ありませんか?

私は、あります。

ちなみに、ここで言う「パンツ」とは、

ズボンのことではなく、パンティーのことです。

 

よくよく考えてみると、

ヒトは人生の9割9分くらいの時間、

ずっとパンツを履いた状態なのではないか。

だって、そうでしょう、パンツを脱ぐのは、

排泄か、入浴か、セックスのときくらい。

パンツを履いていない赤ちゃんや老人は、

代わりにオムツを履いている。

若かりし日のB'zの稲葉さんだって、

ほぼほぼ裸の状態でステージに立っていはいても

ホットパンツはしっかり履いていた。

夏場にだらしなく半裸になるおじさんだって、

トランクスは履いているものね。

我々にとってパンツとは、身体の一部のように

ぴったりと人生に寄り添うものなのだ。

 

そんなパンツの締め付けから解放されよう!

という健康法が、大昔に一世を風靡した。

ノーパン健康法だ。

医学博士・丸山敦士氏によると、

股の付け根には、太いリンパ管が通っていて、

そこが日々締め付けられて流れが滞ることで、

我々現代人は、様々な健康的不利益を

被っているというのだ。

 

たかだかパンツの締め付けと侮るなかれ。

さっき書いたように、我々は

人生の9割9分をパンツと共にしている。

たとえ微々たる締め付けであっても、

毎日毎日同じ箇所を締められ続ければ、

リンパの流れだって滞るってもんだ。

 

だからといって、ノーパンで出勤するのは

社会人として、ちょっとどうかと思う。

そこで、せめて眠るときだけでもパンツを捨て、

あの忌々しい締め付けから逃れようではないか!

さすればリンパの流れも滞ることなく、

健康的不利益は解消されるであろう!

 

ということで、つまりノーパン健康法とは、

「就寝時にノーパンになれば健康になれるよ」

ということですね。

 

ちょうど春ごろから、

体調が悪い日がずっと続いていたので、

(詳しくは、こちら ↓ )

shirokumapunch.hatenablog.com

ダメ元で 、ノーパン健康法を続けている。

さすがに半年もやっていれば、

こうやってブログにまとめるだけの成果も

得られているわけで、今日は、

それを まとめていきたい思います。

 

 

ためした期間と方法

詳しくは覚えていないが、

4月に入ってすぐだったと記憶している。

だから、ちょうど半年くらいですかね。

方法は簡単、

・寝るときにパンツを脱ぐ

・ズボンもなし、下半身の締め付けはゼロ

・寒いとき、腹が冷えるときはロンTを着る

これだけです。

こだわりは1点、

下半身の締め付けは一切なし。

 

ノーパン健康法で得られるとされている効果

冷え性改善

代謝アップ

これらに関しては、リンパの流れが良くなれば

当然期待できる効果だろう。

③便通改善

下腹部が楽になることで、

腸の動きが活発になるため。

④快眠

リンパの締め付けが解消されることで

いつもよりリラックスできるため。

⑤性病予防

通気性が良くなることで

病原菌の繁殖が抑えられるため。

 

 

他にも、女性ならバストアップ、

男性なら精力がつくという説も。

どちらも「リンパの流れが改善されることで

ホルモン分泌が活発になるから」だそうだ。

 

今回は、上記5点を基準にして、

効果の程を検証していくことにします。

なお、この半年間で生活上の大きな変化は

ノーパン以外ほとんど無い。

つまり、この期間中に得られた変化は

ノーパン健康法の影響が大きいと言っても

そんなに間違いはないはずだ。

冷え性改善ー効果アリ

もともと末端冷え性だったのだが、

エアコンで手先が冷えることが減った。

それに、花冷えのする日でも、

足先が冷たくて目が覚めることは

あまりなかったように思う。

代謝アップーたぶん効果アリ

きっちり計測できないので微妙だが、

少なくとも代謝が落ちたことはないだろう。

体重も特に変化なし。

ただ、①のように冷えが改善されたことから、

代謝アップにも効果アリと考えて良いだろう。

③便通改善ー効果ありまくり!

便秘気味で、排便は3~4日に1回だったが、

ノーパン健康法を始めて1週間程度で、

急に2日に1回出るようになった。

特に食物繊維を増やしたわけでもないし、

これは間違いなくノーパンのおかげ!

と思っている。実際どうなんだろう。

とにかく、人生始まって以来の快便期だ。

④快眠ーう~ん・・・効果アリかな?

正直なところ、よくわからない。

もともと私は典型的な睡眠障害で、

寝つきが悪く、早朝覚醒もある。

かと思えば、寝ても寝ても寝足りない

という日も、時期的に来たりする。

ノーパンになってからは、

寝つきの悪さは改善されたように思う。

というのも、解放感がとにかくスゴイので、

「うはは~~~♪」ってな感じで、

すごくリラックスできるのだ。

少なくとも、イライラして眠れない

ということは、ほとんどなくなった。

ただ、早朝覚醒は続いているし、

時期によって眠りに波があるのも変わらずだ。

⑤性病予防ー発症リスクは下がるかも?

 私のパートナーは性病持ちではないし

(少なくとも知る限りでは・・・)

風俗のお世話になることもないので、

実際に効果があるかどうかは不明。

ただ、蒸れることが一切ないので、

パンツを履いているときと比べれば

リスクは低いかもしれない。

でも、あくまで「常識の範囲内で

清潔を保っている」ことが前提ですよ。

いくら蒸れなくても、シーツが汚れていたら

まったくく意味がないよね。

デメリットに関して

シーツや布団に直接局部が当たるわけだから、

寝具の汚れは、やっぱり気になる。

とはいえ、 目に見えて汚れることはないので、

気にしない人は別にいいかもしれない。

でも、億劫なシーツ洗濯の回数が

半強制的に増えるのは、結果的に良かったと思う。

パリッとした清潔なシーツで

下半身ストレスフリーで眠るのは、

ちょっと言い知れない解放感だ。

 

あと、男性の永遠の悩み、チ〇毛ですね。

こいつらの機動力は、ちょっと本当に、

常軌を逸しているから、掃除は小まめに。

ノーパンだと、落ちてますよ、やっぱり。

まぁ、目に見えてひどいわけでもないし。

結局のところ、

デメリットらしいデメリットというのは、

特に感じられませんでした。

 

f:id:shirokumapunch:20181013164606j:plain 

結論

ノーパン健康法、ためしてみる価値アリ!

何が良いって、デメリットが少ないのと、

効果がなくても何も失わないこと。

(いや、尊厳を失うだろ!という人は、

ノーパン健康法は向いていないと思う。)

 

みなさん、秋の夜長はぜひノーパンで。

締め付けのない自由を楽しみましょう。