語れど語れど我が仕事手をつけられざり、じつと金魚を見る

      

 

どうでもいいけど、仕事があるときに限って

ブログ書きたくなったりしない?!

今がそんな気分。

9月中旬からブログを始め、早いもので

そろそろ1か月近くがたとうとしている。

誰に読まれるともなしにつらつらと

ほぼ毎日一記事ずつ更新してきて、

書くこと自体がしんどい日もあれば、

書き終わってスッキリする日もあった。

 

そして今日。

本当はブログなど書いている場合ではない。

なぜなら、珍しくやり残した仕事を

家に持ち帰ってしまったからだ。

 

裸人はたぶん仕事ができない方ではない。

(と思ってるし、そう信じたい・・・)

根拠としては、割と仕事のできる同僚が

一日で5くらいの量の仕事しているとすれば、

裸人は7~8くらいは片づけているからだ。

修正や訂正が入ることもめったにない。

たまに頭が働かなくてミスが出たり

3くらいしか済まなかったりすることもあるが、

だいたいその週のうちには巻き返せているので、

結論として、そんなにデキない奴ではないと思う。

 

それなのになぜ仕事を持ち帰る羽目になったのか。

期限を1週間先だと勘違いして

引き受けてしまった仕事が一つあったから。

うん。やっぱ無能だったね、裸人。

でもさ、持ち帰ったところで、

全っっっ然やる気しないね!

だって本当は超やりたくないからね!

 

それで、またつらつらとブログを書いている。

これはたぶんあれだ、

試験勉強の前になると掃除したくなる心理。

やりたくないことに何とか手をつけるための

気合の儀式だったり、ただ回避したいがための

行動の置き換えに過ぎなかったり。

今の裸人の場合は、完全に回避だね!

だってブログ書きながら、今Huluつけて

綾瀬はるか主演「奥様は、取り扱い注意」を

だらだら見始めちゃったからね!

ちなみに1話はDVの話らしいから、

これからちょっとDVについて語ってくよ!

 

DV被害を受けている人について、

「なんで逃げないの」「やり返せばいいじゃん」

と思う人は多いと思う。

でも実際はそんなに簡単ではない。

被害者が加害者から逃げるのを邪魔する心理に、

一つは「共依存」というものがある。

有名だから知っている人も多いだろう。

だいたいのDV野郎というのは、

暴力を振るっているとき以外は優しい。

殴った後で「許してくれ」と謝ったり

「俺を見捨てないでくれ」と泣いたりする。

だから被害者は勘違いしてしまう、

「この人も私を殴ることで傷ついてるのね」と。

だいていこの手の加害者につかまる被害者も

愛情に飢えている人が多いもので、

そういう傷ついた(ふうに見える)加害者を見て

「私が支えてあげなきゃ!」と思ったり

「この人をわかってあげられるのは私だけよ!」

と思ったりしてしまう。

すごくざっくり言うと、これが共依存

誰からも必要とされずに生きるくらいなら、

殴られてでも必要とされたほうがマシってこと。

 

もう一つは、恐怖による精神的な支配。

ウォーキング・デッドのシーズン7を見た人、

リックたんはなぜ隙だらけのニーガンを

殺すことができないのか?

それは、恐怖で支配されてしまったから。

冷静に考えればどうにかなる糸口はあるのに、

恐怖から正常な判断ができなくなっている。

それだけ、恐怖には人を支配する力がある。

古くから政治の手法に使われてきたくらいで、

その効果は歴史的にもバッチリ立証済み。

ましてや、これで被害者が主婦だったら?

恐怖による支配は精神的、肉体的に留まらず

経済的な支配も加わることになる。

「それでも、ちょっとでも頭使える人なら

証拠残して慰謝料とるとかできそうじゃない?」

って思う?まぁ、そういう人もいるかもね。

でもDV加害者は最初からそういう人は選ばない。

無垢で依存的で一人で生きていけない人が好み。

決して被害者が悪いという意味ではないけど、

加害者―被害者で引き寄せられているから

DVはなくならないよ、これからもずっと。

 

はい、そんなわけでだいたい語ってしまって

綾瀬はるかも今回のドラマの見せ場となる

アクションを頑張ってるところだけど、

一向に仕事に手をつける気にはなれず、

しょうがないから金魚をじっと見てるよ。

うちに来て3週間弱の金魚ちゃん。

shirokumapunch.hatenablog.com

来た当日から弱っていたこともあって4匹死亡、

さらに1匹里子に出して、今は1匹だけ。

f:id:shirokumapunch:20171008170156j:plain

f:id:shirokumapunch:20171008170213j:plain

名前はニシキからトーカちゃんに改名。

40センチ水槽にひとり悠々と暮らしている。

f:id:shirokumapunch:20171008170326j:plain

ちなみに反射の映り込みには気を使ったので

多少の反射があっても裸人の姿は映っていません。

 

スイスでは金魚を一匹で飼うと虐待らしいが

今のところ一匹で困った様子はなさそう。

たくさんいたときのほうが

尻尾を突かれたりして迷惑そうだったな。

まぁ本人に聞いたわけではないから

実際は寂しがっているのかもしれないし、

もし寂しそうだったら買い足すつもりだけど。

 

そんな感じで、仕事が進まないまま

深夜の金魚を眺める哀しき裸人でした。