【ネタバレ】ウォーキング・デッド シーズン8第2話

      

前回に続き、2話のあらすじを紹介。

レビューでなくてあらすじ紹介なので、ネタバレ注意です!

shirokumapunch.hatenablog.com

 

聖域への一斉攻撃の後、

連合軍は三手に分かれて衛星基地の制圧に向かう。

 

まずはエゼキエル・キャロル率いる王国チーム。

基地へ向かう途中、何者かによる爆破に合い、

爆破と同時に建物から出てきたウォーカーの大群に襲われる。

何とか大群を始末して窮地を逃れたころには、

爆破した犯人の姿はその場には見られず。

おそらく襲撃の報告をしに基地へと急いだのだろう。

報告されては襲撃の成功率に関わる。

森の中を急いで追跡するが、エゼキエルはなぜか余裕。

「彼が行ってくれている」と。

誰のこと???

何とか犯人を発見してからも、撃とうとするキャロルを制し

「弾を無駄にする必要はない。彼がもう見つけている」

彼とは、シヴァ!

エゼキエルの相棒のトラ。犯人を噛み殺す。

こいつ、本当にいい働きする!生き残ってほしいわぁ!

しかし時既に遅し、犯人の持っていた無線から、

襲撃が先方にバレたことが発覚する。

「作戦を変えるべきでは?」と心配するチームだが、

エゼキエルは自信満々にチームをまとめる。

「我々の準備は整った。勝利は我々にある」と。

シヴァも死なせない、誰一人も犠牲は出さないと宣言。

それに勇気づけられるチーム。

本当に頼りになるいいリーダーだな、この人は。

ただ、それだけに死亡フラグがビンビンで心配・・・

 

一方、ジーザス・タラ・モーガンが率いるチーム。

こちらは難なく基地の一つを制圧するのだが、

「殺すべし!」のタラ・モーガンと、

「投降するなら生かすべし!」のジーザスとで、

だんだんと亀裂が生じてくる。

結局ジーザスの意見が通り、投降した敵は誰も殺さず。

これが今後どう出るか?

 

そして、リック・ダリル率いるチーム。

アーロンたちが建物の外で銃撃戦を繰り広げている間に、

リックとダリルは中に侵入。

ドワイトの情報では、ここに武器庫があるとのこと。

救世主全体に武器が行き渡る前に、ここを制圧しようという作戦。

二手に分かれるリックとダリル。

リックは襲ってきた男を一人殺すが、その直後に赤ちゃんを発見。

それがたった今殺した男の子供だと知り、愕然とする。

呆然と、鏡に映った自分の顔を見つめる。

そこでリックに銃を突きつける男。

「あんたは・・・モラレス!一緒にアトランタに向かった・・・」

 

・・・ということで、3話に続く!

てか、モラレスって誰???

全然覚えてねぇ!

2話のタイトルも「意外な再会」みたいな感じなんだけど、

そもそも覚えてないから意外も再会もないし!

モラレスを覚えている人は、意外な再会をお楽しみください。