【ネタバレ】ウォーキング・デッド シーズン8第3話

 

 

      

レビューでなくあらすじ紹介。

来年のDVDレンタル開始まで待てない人向け。

ネタバレ注意!

これまでのあらすじか以下のリンクから。

shirokumapunch.hatenablog.com

 

三手に分かれて衛星基地を襲撃する一軍。

まずはジーザス・タラ・モーガンのチーム。

敵を殺す・殺さないで意見が割れていたチームだが、

結局ジーザスの意見が通り、投降した敵を捕虜として引き連れ、

ひとまずヒルトップへ帰ることに。

しかしその道中でも、やはり納得のできないモーガン

今までどっかの流浪人みたいに「不殺」を貫いていたが、

可愛がっていた弟子を殺されたこと、

その子を自分の息子デュエインを重ねていたことで、

「生きるために殺さねば!」という意見に偏りがち。

ジーザスと殴り合いのケンカにも発展するが、

結局最後にはチームを離脱して一人どこかへ行ってしまう。

一方ヒルトップでは、ゲイブリエルの車を奪ったグレゴリーが

どのツラ下げてか知らんがのこのこと帰ってきて

「中に入れてくれよ~!ごめんよ~、反省してるよ~!」と命乞い。

一足先にヒルトップに帰っていたマギーは、

最初こそグレゴリーを放り出そうとするが、

結局「殺す価値もない。今はね」と言って迎え入れる。

そんなところでジーザスが捕虜の集団を引き連れて帰還。

これから一波乱の予感???

そして、今はさらっとスルーされているが、

グレゴリーの気になる一言も。

「私のせいじゃない。襲撃のことは既に知られていた」

ジェイディス以外にも、誰か裏切り者が???

 

そして、モラレスに銃を突き付けられた状態のリック。

昔一緒にアトランタを目指した仲間とあって、

リックはモラレルを殺したくない。

必死に説得しようとするが、

駆け付けたダリルが呆気なく殺してしまう。

明らかに不快な表情を見せるリック。

「何をするんだ、彼は・・・!」と抗議するが、

ダリルは「わかっている」と聞く耳持たず。

その後、建物の中に駆け付けた救世主も制圧し、

外のアーロンたちと合流。

しかし、肝心の武器庫は空っぽだった。

とりあえず次の作戦に向かおうとしたところで、

リックとダリルは残党の一人に銃撃される。

「そっちはたった一人だろう?

 聞きたいことを教えてくれれば逃がしてやる。約束は守る」

というリックの言葉を信じて、男が出てくる。

「この基地に銃はあったか?」と質問するリック。

「あったけど、数日前に西のほうの基地に移動された」と男。

そして、聞きたい情報は得られたとばかりに、

約束に反して呆気なく男を撃ち殺すダリル。

またもやリックはダリルに対して不快感を露わにする。

今後このチームにも亀裂が生じるか???

 

最後に、エゼキエル・キャロルのチーム。

リーダーシップを発揮するエゼキエルと、

相変わらず女ランボーなキャロルの活躍により、

出会う敵を制圧しながら、順調に進んでいく。

しかし基地にたどりついた瞬間、激しい銃撃に合う。

「誰一人として死なせない」と言っていたのに、

王をかばってたくさんの仲間が撃たれてしまう・・・

 

・・・というところで、3話はおしまい。

やはり誰か裏切り者がいる!

単純に考えればドワイトだが、

ドワイトにも知らされずに武器が移されていた可能性も。

裏切り者は誰だ?