【ネタバレ】ウォーキング・デッド シーズン8第4話

シーズン8、ぶっちゃけ面白くない・・・

もっとさぁ、シーズン1のときみたいな

ウォーカーの大群の中を内蔵ぶら下げて歩くみたいな、

あんなスリルが欲しいのよね・・・

shirokumapunch.hatenablog.com

 

第4話は、ほぼ丸々1話エゼキエル回。

前回は、エゼキエル&キャロル率いる王国軍が攻め入った基地に、

知らないうちに機関銃が移送されており、

激しい返り討ちに遭ったところで終わっていた。

 

混乱の中エゼキエル王が目を覚ますと、そこは王国軍の死体の山。

多くは王をかばって死んでゆき、王自身も足に傷を負う。

一人一人息がないかを確認していく王だが、

みんな次々とウォーカーに転化していく。

そんな中、幸い生き残っていたのはジェリー。

覚えてる?一番の側近だったデカいアジア人。

民を守れなかったエゼキエル、失望の中ジェリーに

「私を置いて行け。私は王なのではない」と訴えるが、

ジェリーは彼が王だと言ってきかず、

手負いの二人で必死にウォーカーの大群から逃れようとする。

 

一方、キャロルは既に基地内に侵入。

敵が機関銃を聖域に輸送するのを食い止めようと一人闘う。

ホント成長したな、このオバチャン・・・。

しかしあと一歩のところで、王とジェリーのピンチを見つけ、

そちらを救出するほうを優先してしまったため、

残党は武器を持って聖域へ。

「いかん、リックに報告せねば!」と慌てるジェリーを尻目に、

「武器は絶対運ばせないわ」と余裕ぶっこくキャロル。

事実、武器がこちらの基地に輸送されていたと知って

駆け付けてきたリックとダリルが、

輸送途中の車を何とか食い止めて一件落着。

 

基地から離れ、ひとまず王国帰還を目指す

エゼキエル、キャロル、ジェリーの3人。

しかし森の中でウォーカーの大群に遭遇してしまう。

怪我した王は明らかに足手まとい。

諦めないキャロルとジェリーに対し、

王は自分が囮になる気満々でウォーカーの群れへ。

しかし、そこにシヴァ登場。

王に群がったウォーカーを次々となぎ倒し、

その間にキャロルとジェリーが王を救出する。

しかしそのときには既にシヴァはウォーカーに囲まれ、

エゼキエルの目の前で餌食になっていった。

 

何とか王国に帰り着いた三人。

しかし他の兵士は全員死亡、シヴァも救えず、

明らかに勝利とはいいがたい結末だった。

 

・・・はい。第5話に続く。

 

シヴァ、死んじゃったよ!!!

ソフィアがウォーカーになってたときや

ベスが呆気なく殺されたとき以来の絶望や・・・